ハトコットについてサニポンプについてA・Cトラップについて

お問い合わせ



Q1 材質は?

A1 下部ユニット、中間ユニットはFRC製(ビニロン繊維補強コンクリート)
上部ユニットはFRP製です。



Q2 質量(重さ)はどれくらいありますか?

A2 P型は、101㎏~162㎏ V型は、245㎏~349kgです。
詳しくは カタログ をご確認ください。



Q3 ハトコット中間ユニットの抜き面箇所は一面しか使用できませんか?

A3 開口面は四面、使用できます。
多数の配管などの取り出しに二面を使用して納めている現場もあります。



Q4 側面を開口する場合の工具および注意点は?

A4 丸穴開口はホールソーで開口できます。角穴開口はベビーサンダーで開口できます。
[注意点]
※コンクリート用工具を使用して下さい。
※多数の丸穴を開口する場合の貫通孔間は50㎜以上確保して下さい。
※配管などの納まりは抜き面寸法内で設置して下さい。



Q5 ビスを側面に取り付ける際の注意点は?

A5 側面にビスを使用する場合は、貫通孔から20㎜以上の距離を確保してください。
推奨品:(サンコーテクノ社製・ハードエッジドライブ)同等品



Q6 レベルアンカーの設置スラブ厚は何㎜まで対応が可能ですか?

A6 140㎜~170㎜のスラブ厚に対応しています。
(スラブ厚が170㎜以上の場合は4分の全ネジボルトを差し替えることで対応が可能です。)



Q7 特注品の製作はできますか?

A7 カタログタイプ品番以外の製作は対応できません。





Q1 サニポンプは、どのような製品?

A1 サニポンプは、ポンプの力で排水しますので、いままでの自然流下式による排水こう配の制約から解放されます。20A~25Aの細い配管でこう配が不要なため、設置場所を気にすることなく、必要な場所に自由に水まわりを設置できます。現在取扱機種は4機種になります。雑排水用に、サニスピード。汚水用に、サニプロ・サニラックス。汚水・雑排水用にサニキュービックです。



Q2 サニポンプの保障期間は?

A2 家庭用で使われる場合 2年、業務用で使われる場合 1年です。
誤った使用による故障は保障対象外です。



Q3 サニポンプの設計時の注意点は?

A3 緊急対応が必要な物件でのご使用の場合は、バックアップ機種を用意するなどの対策をとってください。
その他は こちら を参照。



Q4 サニポンプの実績は?

A4 サニポンプはフランス・SFA社製で50年近い歴史があり、ヨーロッパの国々ではもちろん、カナダやアメリカ、オーストラリア、最近ではタイや韓国でも使用されています。世界での販売実績は年間40万台(2007年度)を数えます。日本での販売実績は、約15年になります。





Q1 Aトラップ・Cトラップの、選定の目安はありますか?

A1 Aトラップは、トラップ機能を箱型に納めた床置型の空調機用ドレントラップです。中型・大型用空調機にご使用ください。Cトラップは、空調機毎に取り付けることによって空気の逆流を防止し、空気汚染を防止することができる、水平取付型ドレントラップです。機内静圧0~-500Paの小型空調機用でご使用ください。



Q2 Cトラップの特長は何ですか?

A2 材質は、ポリカーボネイトを使用しており、耐久性、耐熱性にすぐれた特長をもっており、戦闘機の風防やLED交通信号機の保護カバーにも使われている素材です。
配管組込型としてお使いいただけます。



Q3 Cトラップをお風呂などの生活排水に使ってもいいですか?

A3 あくまでも空調機向けの商品ですので、お風呂などの生活排水には、お薦めできません。